に投稿

桑折西山城の麓にある万正寺の大カヤを見に行きました!

桑折西山城の麓にある万正寺の大カヤ

利用者さんたちと大カヤの木を見に行きました!

万正寺の大カヤと利用者さん

伊達氏の居城があった桑折西山城の麓にある万正寺の大カヤ。根本の幹周りが8メートルほどもある巨木です。今日は利用者の皆さんと行ってきました。

この大カヤ、町の人なら知らない人はいないほど有名ですが、間近に見ているかというとそうでも無いんです。

関東からやってきた知人がこの大カヤの根本で何も考えずぼうっと半日過ごしたと聞いた時、行ってみるしかないと思いました。

ふるさとの良さを町外の人から教えてもらう。別の価値観や視点からふるさとを見ることは大切ですね。

万正寺の大カヤと利用者さんとの集合写真

まるで大蛇のようにうねりくねりする枝。神宿る木。縄文の信仰でもある木の精霊を感じてしまうんですね。来て良かったです。

そらいろスタッフ猫の那智くんが……

モップと化した那智くん

長毛種の那智くんですが、毛玉がたくさんできすぎて身動きが取れなくなっていました。

そこでトリミングに行ったのですが、まさかの丸刈り!

丸刈りの那智くん

ちょっと残念な感じですが、本人は動きやすくなったのか、庭を駆け回っています(笑)

そらいろデイ空き状況は土曜日が若干の余裕があります!

かわいい加賀っち

 

デイサービスをご利用希望の方、比較的余裕がある土曜日がおすすめです!

他の曜日でも、若干空きがありますので是非お問い合わせください。

法人名:特定非営利活動法人 そらいろ
代表理事:石幡 亮
所在地:福島県伊達郡桑折町吉沼19
TEL:024-582-3558
FAX:024-582-3558
アクセス:JR東北本線「桑折駅」下車、車で約10分

スタッフさん募集中です!

箱入り加賀っち

そらいろでは、「生活の場を大切にした介護」を実施しています。

年齢・経験問いません。
介護スタッフ・看護スタッフ、週2日から週3程度働ける方を募集しています。

詳しくは人材募集をご覧ください。

に投稿

利用者さんと見に行った彼岸花の群生が見事!

そらいろ利用者と彼岸花の群生

そらいろの利用者さんたちと、彼岸花を見に行きました!

みなさんこんにちは!

今回は彼岸花の群生を見に行きました!

そらいろの利用者と彼岸花の群生

壮観な彼岸花の景色に思わず見とれてしまいました。中には白い彼岸花も。初めて見ました。

写真の彼岸花は茎のみで葉はありません。実は彼岸花の葉は、花が咲き終わった後に生えるのです。
そして春が終わると葉は姿を消し、茎だけが地面から伸びて夏から秋にかけて花が咲きます。

彼岸花は曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも呼ばれますが、別名が多く、その数は100を超えるそうです。
例を挙げると、シビトバナ、ユウレイハナ、ジゴクバナなど……。

赤い彼岸花と白い彼岸花

別名を見てみると、あまり良くないイメージを持たれていますが、それには理由があります。

彼岸花は球根草ですが、この球根が有毒なのです。そして、まだ土葬だった昔、その毒で犬やネズミなどから遺体を守るために植えられたと伝われています。

そらいろデイ空き状況は土曜日が余裕があります!

利用者さんの膝に乗る那智くん

デイサービスをご利用希望の方、比較的余裕がある土曜日がおすすめです!

他の曜日でも、若干空きがありますので是非お問い合わせください。

法人名:特定非営利活動法人 そらいろ
代表理事:石幡 亮
所在地:福島県伊達郡桑折町吉沼19
TEL:024-582-3558
FAX:024-582-3558
アクセス:JR東北本線「桑折駅」下車、車で約10分

に投稿

そらいろ農園始めました!

そらいろ農園始動!

みなさんこんにちは!

そらいろでは、「そらいろ農園」で育った野菜の収穫を行いました。

今年はナスが豊作!たくさん収穫することが出来ました。
お浸しに味噌焼きなど……。今から食べるのがとても楽しみです!

そらいろ農園で収穫したナス

また、そらいろ農園ではネギを植え替え中。腰がヤバい……!

植え替えの理由は、ネギの白い部分を育てるため土に埋めています。

そらいろ農園で収穫したネギ

隣にある畝山は大根に白菜を植えていて、スタッフの看護師さんの旦那さんが耕運して植えてくれました。

そらいろ農園の隣にある畝山に並んだネギ

この調子でいけば売れるかも……?
そらいろ農園初出荷も夢ではないかもしれません(笑)

スタッフさん募集中です!

かが、なち、ちくまの集合

そらいろでは、「生活の場を大切にした介護」を実施しています。

年齢・経験問いません。
介護スタッフ・看護スタッフ、週2日から週3程度働ける方を募集しています。

詳しくは人材募集をご覧ください。

に投稿

令和3年そらいろだより6月号・満開の花にうっとり

吾妻、安達太良の山並みの風景

みなさんこんにちは!職員Iです。

さて、田んぼの季節がやって来ました。

そらいろの故郷では、一面水張田が広がっています。
吾妻や安達太良も雲が消えて黒々とした山並みに姿を変えています。

田植えの終わった水張田では、カエルの大合唱が聞こえてきます。雨の季節がやってきました。

「働く」畑の耕うん

畑の耕うんの様子

毎日草取りをしないとあっという間に畑が雑草だらけになってしまいます。
そうなると作物がしっかり育たないので収穫できる量が減ってしまいます。

仕事の間を縫って畑仕事をするのはとても大変なこと。農家の方は毎朝、4時ぐらいから畑に出て作物の手入れをしています。

頭が下がる思いです……。これからもできるだけ畑に出て、良い野菜が取れるよう頑張っていきます。

バラ園を歩いてお散歩

吾妻総合運動公園のバラ(黄色)

近所のバラ園にお邪魔しました。

ピンクや黄色の美しいバラにうっとり。
そんな綺麗なバラたちに囲まれながら写真をパシャリ。

吾妻総合運動公園のバラと利用者さん

色とりどりのバラ、とても綺麗でした。

みんなで昼食を手作り!

利用者さんとちまきづくり

利用者のみなさんとちまき作り!
米粉で作った餅を笹の葉で包んだちまきは、端午の節句でお祝いとして食べられています。

元は武士が戦に向かう時に持っていく携帯食だったとも言われています。

笹の葉で包む理由は、笹の葉には抗菌作用があるからとされています。

さらに、そらいろの庭でたくさんのフキが収穫出来ました。スタッフと利用者さんでフキの筋取り、あく抜きして美味しく頂きました。

笹巻につかう笹の葉

猫と一緒にくつろぐ

そらいろには3匹の猫たちがいます。

ちくま、かが、なちの三匹です。

ちくまの寝姿
ちくま

 

利用者さんとかが
かが

 

那智くん
なち

3匹とも兄弟でいつも仲良く遊んでいます。
たまに膝に乗ってきて甘えることも!

「3匹に会いたい!」という方でも大歓迎!ぜひ遊びに来てくだい。

そらいろデイ恒例の絶品シュークリーム祭り開催!

生クリームとカスタードのシュークリーム

本格スイーツを味わう「シュークリーム祭り」が、またそらいろデイで開催されました!

絶品スイーツを作ってくれたのは松浦玲奈さん。
今回のシュークリームは、バニラビーンズの香りが広がる生クリームと、カスタードクリームが2層になったもの!

生地は全部で30個。生クリームとカスタードクリームを入れ、粉砂糖をまぶして完成です!

30個のシュークリーム

この日は利用者さんはもちろんのこと、職員をはじめ近所の方々や、たまたま立ち寄ったケアマネジャーさんも一口食べて、「うまーい!」の一言。

笑顔のそらいろの利用者さん

プロ顔負けの絶品スイーツに笑顔になっていました。

そらいろデイ空き状況は木曜日・土曜日が余裕があります!

かがをぎゅっとしているちくま

デイサービスをご利用希望の方、比較的余裕がある木曜日、土曜日がおすすめです!

他の曜日でも、若干空きがありますので是非お問い合わせください。

スタッフさん募集中です!

棚に上るちくま、なち、かが

そらいろでは、「生活の場を大切にした介護」を実施しています。

年齢・経験問いません。
介護スタッフ・看護スタッフ、週2日から週3程度働ける方を募集しています。

詳しくは人材募集をご覧ください。

 

 

 

 

 

に投稿

そらいろデイ初のシュークリーム祭り!

そらいろのシュークリーム

皆さんこんにちは!そらいろ職員のNです。

そらいろでは、初めてのシュークリームパーティーが開催されました!

そらいろのシュークリーム3個

パティシエ役はスタッフの娘さん。
お菓子の専門学校で学んできただけに、絶品のシュークリームが出来あがりました。パリパリのシューにバニラビーンズの効いた生クリーム。その中に濃厚なカスタードクリーム。

シュークリーム作成中

この日は、町内のサロンメンバーのおばちゃんたちや、郡山から視察にやってきたIT会社の社長さんたち、それにご利用者とスタッフ合わせて14人が美味しいおやつをいただきました。

そらいろ利用者とちくま

美味しいシュークリームの後は、そらいろ看板猫とゆったり!
シュークリームの美味しさと可愛い猫で癒しの時間を堪能しました。

に投稿

令和3年そらいろだより4月号・高齢期の元気を取り戻すには水分摂取量が鍵!

みんなで作ったお雛様

そらいろの「生活リハビリ」とは

そらいろ近辺をお散歩

「生活リハビリ」。これがそらいろデイの介護の基本方針です。「生活リハビリ」とは、
普段の生活の中に要介護者を元気にする素があるという考え方に基づいた介護のことです。

昨年11月に開所したそらいろデイでは、この方針のもと、ご利用者様に介護を提供してきました。
そんな生活リハビリの効果を改めて実感させてくれたのが、2月から利用開始となったSさん(82)でした。

Sさんは要介護3。お嫁さんがお風呂やトイレなどの介護を担ってきましたが、次第に自宅のお風呂に入ることが難しくなり、またトイレの失敗も多くなってきたと言います。

食事量も減り、自室で終日寝ていることが多くなり、歩行も介助が必要になり、認知症状も進んできました。
このままでは寝たきりになりかねないと家族が心配している状況で、そらいろデイの利用となりました。

2月初めに来所した当初のSさんは、歩行は手引き介助、立ち上がり時や座る際にも介助が必要でした。
また昼食はなかなか箸が進まず、1時間以上かけて半分ほどの食事量でした。
こうした状況の中で、最初に取り組んだのが、水分ケアです。

1日1000㏄をめざし水分ケアスタート

水分補給のいらすと

1500㏄。これが一日の最低限といわれる水分摂取量です。

Sさんは当初湯呑で5,6杯ほど、400CCほどの飲水量でした。
そこで、到着時やお風呂前、浴後、食事前、食事中、食後、レクの前後など、様々な生活の場面転換のタイミングでお茶だけではなくコーヒーやほうじ茶など、ご本人の「飲みたい」という雰囲気をつくるよう、スタッフも一緒に腰をかけてお話しながら、こまめにお声かけしていきました。

こうした水分ケアを実施していく過程で、次第に飲む量が増えていきました。2月中旬後には800㏄前後に、そして2月末から3月にかけては1,000㏄前後の水分摂取ができるようになります。

水分量の増加に伴いSさんのADLに変化が

水分摂取量の増加に合わせて、SさんのADLにも変化が出てきました。

まず、立ち上がりが介助なしでできるようになります。あわせて歩行も手引き介助が必要でしたが、現在は見守り介助は必要ですが、自分から歩き始めるなど元気になっています。

昼食も毎回完食。1時間以上かかっていた食事も現在では、みんなと同じようなペースで食べることができるようになってきました。

トイレについては、ほとんど失敗することなくデイで過ごされるようになりました。「なんだか私元気になったみたい」と話すSさん。
天気の良い日は、阿武隈川の堤防まででかけ、安達太良や吾妻の山々の景色を眺めるなど散歩を楽しんだりしています。

そらいろデイでは、今後も水分=たっぷり、食事=しっかり、排せつ=すっきり、入浴=ゆったり、歩行(散歩)=のんびり、を中心としたケアを通してご利者様お一人おひとりの生活に大切にしていきたいと考えています。

そらいろで桃の節句に「折り紙でつくるお雛様とお内裏様」「ちらし寿司」でお祝い!

お雛様とお内裏様

そらいろデイでは、桃の節句に合わせて「折り紙でつくるお雛様とお内裏様」や「ちらし寿司」でお祝いしました。この日は吉沼地区サロンの折り紙先生こと安斎光子さんが講師役に。色とりどりの千代紙を使いながら、お雛様とお内裏様をつくっていきました。

1時間ほどで完成したお雛様を手に、「宝物ができたぞい。娘にあげっぺ」と笑顔を見せていました。

3月3日のお昼ごはんは、桃の節句にちなんで3色のチラシ寿司でお祝いしました。

ちらし寿司
デンブと錦糸卵に鶏そぼろ。きれいな三色ちらし寿司にご利用者たちも思わず「おいしそうだない」。
おやつにはひなあられと桜餅をたいらげて、おいしい一日を過ごしていました。

絶品の手づくりクッキーチョコシュークリームに舌鼓

手作チョコシュークリーム

そらいろデイではこのほど恒例となった手づくりお菓子づくりを楽しみました。

パティシエ役としてお手伝いにきてくれたのは、パティシエの卵で前回のシュークリームづくりでも腕を振るってくれた松浦玲奈さんです。

この日のメニューはクッキーチョコシュークリーム。生地づくりからクリームまですべて手づくり。そらいろデイのフロアは甘い香りでいっぱいになりました。

こんがり焼きあがったクッキーシューにチョコクリームを注入して完成。全部で20個のシュークリームができあがりました。外はカリカリ、中はシットリ。一口食べて「これはうまい」と全員が笑顔になっていました。

に投稿

福島県古民家介護そらいろでサロン活動が行われました!

そらいろサロン活動

みなさんこんにちは!そらいろ職員のNです。

そらいろデイに町内のサロンのメンバーたちがやってきました!
ゲームで盛り上がり、最後は上を向いて歩こうや高原列車は行く、椰子の実、故郷などを全員で歌いました。

スタッフたちも思わず夢中になってゲームに参加していました。
あんぽ柿

そらいろでお昼ご飯をつくってくれている近所の方が、蜂屋柿をむいて、アンポ柿にしてくれました。そらいろのふるさとは、もうすぐ冬です。

ついでに、子猫たちもすくすく成長しています!

こねこたち

に投稿

大豊作!福島県古民家介護そらいろでかぼちゃを収穫しました!

そらいろが収穫したかぼちゃ

みなさんこんにちは!そらいろ職員のNです。

一昨日、そらいろでカボチャを収穫しました!

今年は大豊作でたくさんのカボチャを収穫できました。こんなにたくさんあると、毎日カボチャを食べなければならないような……。

そらいろで収穫したカボチャ

みなさんはどんなカボチャ料理が好きですか?

私はカボチャプリンが好きなので、収穫したカボチャでたくさん作りたいと思います!

ご機嫌斜めな那智
爪を切られてご機嫌斜めな那智

前回紹介した子猫たちも、チュールの魔力に吸い寄せられていますが、元気に成長してます!

チュール狂いになってしまった猫たち

子猫たちに会ってみたいという方でも大歓迎!子猫たち含め私たちスタッフ一同、お待ちしています!

に投稿

福島県古民家介護そらいろに新しい従業員が来ました。

ちくま、かが、なち

みなさんこんにちは!そらいろ職員のNです。

今日はそらいろに新しく入った従業員を紹介したいと思います。

一人目はサバトラの「ちくま」」です!
好奇心旺盛で食べるのも遊ぶのも大好きな男の子です!

ちくま

二人目はサバ白(?)の「なち」です!
臆病ですが遊ぶのが大好き!あとチュールも大好き(笑)長毛でもふもふな男の子です!

なち

三人目は茶トラ白の「かが」です!
多分一番ビビりです(笑)なかなか人前には出たがらないですが、本当はやんちゃで元気な男の子です!

かが

ちなみに三人の名前にはある共通点があります。果たして分かる人はいるのでしょうか……。

これからこの三人を含め、そらいろスタッフ一同活動していきます!

「ちくまたちに会いたい!」という方でも大歓迎!ぜひ、そらいろに遊びに来てくださいね。

 

に投稿

福島県古民家介護そらいろの新型コロナウイルス感染対策について

テリオス3

みなさんこんにちは!そらいろ職員Nです。

今回は、そらいろの新型コロナウイルスの感染対策についてご紹介したいと思います。

そらいろでは、強力除菌、消臭剤ができる「テリオス3」を使用しています。
テリオス3は、飲めるほど安全、安心な次亜塩素酸水となっています。

緩衝法という特許製法によって生成された次亜塩素酸水、はpH5から6、300ppmとなっており医療現場でも使われているものです。

自衛隊では、ウガンダでのpkoで、また、クルーズ船対応でも使用しました。

てりおす3空間噴射機

ボトルでは手指消毒はもちろん、手すりや取っ手、テーブルなど、さまざまなものの除菌することが可能です。

そらいろでは空間噴霧で、床や壁などの除菌にも使っています。