に投稿

「ボケ」は病気なの?認知症ケアの世界は奥が深い!

「認知症」という言葉が出来たのは2004年のことです。旧厚生省の主導のもと「呆け、痴呆が侮べつ的な言葉」とのことから「認知症」という官製新語が生まれました。

ところで、呆けや痴呆は侮べつ的な言葉なのでしょうか。確かに呆けは「バカ」の意味ですから、字面だけをとらえるなら侮べつ的なのかもしれませんが、古くから使われてきた言葉で「色呆け」「欲呆け」「寝ぼけ」「とぼけ」など、少し滑稽でどこかに笑いのある言葉でもあるような気がするのです。「耄碌(もうろく)」も同じような言葉だと思います。

「呆けはやっかいだけど、耄碌したんだからまあしょうがないな」。要するに「呆け=老いる」ということに対して、許容する心の余裕のようなものがあったような気がします。それが「認知症」という言葉に変換された後は、呆け・痴呆はすべて「病気」になってしまいました。

「病気」であれば治療して治したい、予防したいと思うのが人情です。そして誰しも病気にはかかりたくありませんから「認知症にはなりたくない」という忌避の感情が大きくなってしまいました。認知症は病気なのでしょうか?

介護の世界に入って15年。いまだに認知症薬を服用して治ったという人に会ったことはありません。なぜなんだろう。理由は簡単だと思います。呆けの原因は「老い」だからです。老化とは誰にでも起こる自然現象ですから、治療のしようもありません。もちろんアルツハイマー病という脳細胞に異常なタンパク質が蓄積することによって起きる認知症があります。製薬メーカーはしのぎを削って治療薬の開発を進めています。仮に治療薬が完成し脳細胞の異常なタンパク質を除去することができたら、アルツハイマー病は治るのかもしれませんが、老いによる呆けにはなるのだと思います。白髪をいくら黒く染めて、しわを引っ張って伸ばしても、老いることことに変わりないのと同じですね。

認知症のおばあちゃんがそらいろにやってきました。優しそうなおばあちゃんですが、お迎えにいくと「具合が悪くていがんに」と拒否。あれこれなだめすかしても、ダメなものはだめです。自宅ではお風呂に入っておらず、着替えもしていないおばあちゃんですから、週1回のデイで入浴、洗髪、お着替えはマストの状況です。なんとか連れ出そうとすればするほど、難しくなるんですね。早々に施設に戻り女性スタッフにバトンタッチ。30分ほど待っているとさっきの拒否が嘘のようにニコニコ側で「おそくなったない」と挨拶。どうやって行く気になったのかスタッフに聞いてみると、「なんとなく行く気になって、来ちゃいました」。認知症のケアは理屈ではないんだな。お茶を飲んでいるうちに、何
をするわけで はなく、いつも一緒にいるおばあちゃんといつの間にか手を握り合って、 何となくいい
感じで過ごしています。

説得よりも相性、薬よりも旨い食事といいお風呂。認知症は治せないけど、機嫌は治すことができる。介護の世界は奥が深い!

 

 

に投稿

2つの発表会で「そらいろの生活ケア」のことを話してきました

8月にNPO法人りょうぜん里山がっこうが主催する健康長寿のための「さすけねえサロン」で、また、9月には、東京地域ケア研究会の例会で「当たり前の暮らしを当たり前に送るを支える」と題して、そらいろデイでの日頃の取り組みについてお話ししてきました。

いずれの会にも、20名から30名の方が参加され、「生活リハビリとは」「お世話と介護の違い」「認知症って病気なの」「関係づくりの大切さ」など、そらいろデイが日頃から取り組んでいる介護への考え方や日々の利用者とのエピソードなど、熱心に聞いてくださいました。

 

に投稿

おばけサツマイモ‼ 何キロだ?

スタッフの畑で収穫された巨大なサツマイモ。「こんなのみたごどねえ」と利用者たちもビックリです。

さっそく重さ当てクイズに挑戦。実際に手に持ってもらい何キロあるかを考えてもらいました。

「これは5キロもあるかな」「いやいや8キロはあるべ」「そんなにあるべか」。

いろんな数字が出ましたが、果たしても正解は。それにしても芋を持ち上げるみんなの顔のいいこと。

 

 

に投稿

【動画】踊る介護

なんだい? 踊んのがい?
いいぞい。
ほんじゃ、こっちにこらんしょ。
はい、手つないでない
はい、らーららーららら~
なんだか自然に身体が動ぐんだない

言葉はいらない? 踊る介護! なんだか楽しい

に投稿

人材募集中です!(介護職)

現在、介護職での人材(パート)を募集しています。

定員7名の小さなデイサービスです。
ご利用されるお年寄りの方々とおしゃべりしたり、お風呂の介助をしたり、一緒に畑仕事をしたり、レクを楽しんだり、ゆったりのんびりとした生活の中でケアを提供します。

年齢:不問
学歴:不問
経験:不問
資格:不問
普通自動車運転免許:必須

労働日数:週2日~4日(相談可)
就業時間:9:00~17:00の間の3~7時間程度

時給:860円
処遇改善:30円~50円
送迎手当:200円/回
通勤手当(上限あり):月額5,000円

採用人数:1~2名の予定

※お問い合わせ、お待ちしております。
担当:石幡

 

に投稿

「りょうぜん里山がっこう」でお話してきました

先日8月25日、りょうぜん里山がっこうさんの健康長寿サロン「さすけねぇサロン」で、お話ししてきました。

そらいろデイが実践する生活リハビリ。お世話と介護の違い、医療と介護の役割の違い。当たり前の暮らしを当たり前に送ることの大切さ。実感してもらえてよかったです!

に投稿

「さすけねぇサロン」で講師をさせていただきます。

今週8月25日(木)に、霊山町の「りょうぜん里山がっこう」で行われる「さすけねぇサロン」で講師をさせていただくことになりました。

介護のこと、生活ケアのこと。そらいろデイでやってきたこと、やっていること、やろうとしていること、を話そうかと思っています。

 

 

に投稿

紙芝居師せんべいさん

先月、紙芝居師せんべいさんが、そらいろにやってきました!

地域の子どもたちは、初めての紙芝居にお目々まん丸。

インドヒマヤラ出身のチャンドラーさんの奏でるタブラのリズムとメロディーにお口あんぐり。

お年寄りたちは、懐かしいないと拍手。

最後は水飴にソース煎餅をもらって笑顔、笑顔。

 

 

に投稿

お花見会

そらいろデイお花見会。今年も桃畑の中で桃の花に囲まれて開催しました。

天気に恵まれてよかったよかった。満開の花、花、花。桃源郷とはよく言ったものです。

そらいろのふるさと桑折町は献上桃の里なんです。皇室御用達の桃がここから収穫されます。

去年も今年も畑を快く開放してくれた桃農家で牧場を経営する斎藤勘助さん、ありがとうございました。

今年は霜害にならないように祈ってます。

 

 

 

に投稿

そらいろの活動に共感し、支援してくださるサポーター募集中!

そらいろ芋煮会の様子

「そらいろ」の活動を応援してくれる方を募集しています

そらいろ芋煮会の様子2

暮らしと介護と地域をつないでいく活動。そこからこれからの古くて新しいコミュニティを創ることがそらいろプロジェクトの目的です。そんな活動を応援したい方はぜひ会員となっていただければ、ありがたいです。

①そらいろの活動にボランティアとして参加するなど、活動に協力していただける方
一般会員=入会金5,000円 年会費3,000円

②そらいろの活動を資金面から応援していただける方。
賛助会員=入会金3,000円 年会費3,000円

詳しくはお問合せください。

お問合せ

法人名:特定非営利活動法人 そらいろ
代表理事:石幡 亮
所在地:福島県伊達郡桑折町吉沼19
TEL:024-582-3558
FAX:024-582-3558
メールアドレス:ryo.ishihata@gmail.com